民進党 神戸市会議員 平木ひろみ Think globally,Act Locally
文字サイズ
Hiraki Hiromi平木ひろみ公式ウェブサイト神戸市会議員 中央区選出市民のための政治を!市民の声、家庭の声を市政に!市民が人間として誇りを持てる神戸に!
平木ひろみ後援会お問い合わせはコチラから平木ひろみ後援会

平木ひろみ ご挨拶

「家庭と地域のちからを神戸の未来へ」

平成28年6月

「平木ひろみ」のホームページにお越しくださいまして、ありがとうございます。

今年3月27日、新しい「民進党」がスタートし、私も一員になりました。

「自由」「共生」「未来への責任」を結党の理念とする。

私たちは「公正・公平・透明なルールのもと、多様な価値観や生き方、人権が尊重される自由な社会」「誰もが排除することなくともに支え、支えられる共生社会」「未来を生きる次世代への責任を果たす社会」を実現する。(民進党綱領より一部抜粋)

私自身は、民主党兵庫県連の公募第一期生としてこの仕事を始めたこともあり、党が変わっていくことには忸怩たる思いもあります。しかし、政治の大きな流れの中で、少しでも今の状況を変えていくための新党結成だと理解しています。  これまで3期10年の間、掲げてきた「家族と地域のちからを神戸の未来へ」の政治理念と神戸の為に働く思いは変わりません。私は、生活者である市民の声、家庭の声を市政に届けたい、私達家族を育ててくれた地域・社会に恩返しがしたい、市民の皆様が「住み続けたいまち」神戸をつくりたい、という思いで、この仕事を始めました。 “Think globally, Act locally” 「広い視野を持ち、地域に根ざして行動する」を基本理念とし、生活者の一人として、世の中の流行に流されることなく地に足をつけながら、市民の皆様の立場にたった地元議員として、神戸の将来を見据えた積極的な提案を続けていきます。

都市間競争に勝ち残れる魅力あふれる神戸をつくるための三宮駅を中心とする都心再整備構想の具体化、少子高齢化社会を迎えて直面する福祉問題、先端医療・先制医療やがん対策をはじめとする医療問題、環境貢献都市を目指す神戸の環境問題、次世代の子ども達の生きる力・感性を育む教育問題、真の国際都市神戸実現に向けた神戸の国際戦略の取り組みなど、継続して進めていかなくてはいけない課題はたくさんあります。

神戸が市民の皆様にとって「住み続けたいまち」であるためには、私達市民にとっても、訪れる人達にとっても魅力あるまちづくりを進めるという視点を忘れてはいけません。

初陣の日にいただいた「清く、正しく、心を尽くし、力を尽くす」という湊川神社宮司の言葉をかみしめつつ、これからも「社会のために働く」という強い信念を持って、真摯に市政に対して力を尽くしていきます。

今後とも、よろしくご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平木ひろみ
平木からの動画メッセージ
ページの先頭へ

プロフィール

生年月日

1957年3月3日

学歴

1979年3月 大阪大学法学部法学科 卒業
        在学中にFresno Pacific College(アメリカ合衆国)へ留学

1975年3月 兵庫県立長田高等学校 卒業

資格・免許

1979年3月 第一種普通自動車免許取得

1995年7月 TOEIC 945点

略歴

両親と夫、一男二女の7人家族。

2004年から2007年まで神戸SGGクラブ(善意通訳の会)会長として、会の運営に当たりながら、自らも通訳業務をこなしていました。2003年には、アルジェリア大使ご夫妻神戸ご訪問の際には同行通訳を担当した。

日本国際秘書学会会員、日本児童英語教育学会会員、全国小学校英語活動実践研究会会員。

1998年より、川崎市立東小倉小学校にて、全国に先駆けて、小学校における英語活動プログラムの企画を立ち上げ、企画運営委員長として運営にあたり、全国向けの研究発表なども実施した。

1987年から1993年のアメリカ合衆国カリフォルニア州に滞在中、「日本人保護者の会」を設立、会長を務めた。現地教育委員会にて、外国人保護者連絡会の会長を務めるかたわら、外国人学生のための英語プログラム作成、見直しに協力。外国人として地域では初の麻薬中毒撲滅委員会(The National Council on Alcoholism and Drug Dependence) の理事にも任命された。1993年日本帰国に際し、トーランス市、教育委員会より表彰を受けた。

職歴

2005年4月〜 2006年12月


芦屋大学
国際交流センター シニア・アドバイザーとして、運営業務に加え、大学生のための留学等カウンセリングも担当していた。

2005年1月


国連防災世界会議
事務局スタッフとして採用され、インフォメーションデスクを担当した。

2001年11月〜2004年12月


山陰ミネル株式会社ワールド学院神戸本部英会話講師として勤務し、2歳半から中学生を指導した。

1997年1月〜1999年3月


株式会社佐藤恵子事務所に勤務し、社長秘書として、秘書業務全般、翻訳をこなす一方、マーケティングコンサルティング部門の実務スタッフとしてプロジェクト運営に関わり、顧客との折衝、アメリカ人教授の日本エージェントとしての通産省との契約締結、納入手配などを担当した。

1995年2月〜2001年3月


MASHワーカーズコレクティブを設立し、出資者、会社経営者として、経営に参画した。営業にあたる一方、防災用品の海外からの仕入れ交渉、手続き全般、および経理事務も担当した。川崎市内の小学校はじめ多くの幼稚園に防災備蓄品を納入し、各家庭用防災備蓄品販売も受託した。

1979年4月〜1983年6月


ソニー株式会社海外事業本部外国営業部欧州課勤務。同社で女性初の海外営業担当者として欧州への一般消費者向け電化製品の輸出を担当し、女性初の単身海外出張を遂行した。担当国はオランダ、ベルギー、スイスの3カ国で、特にオランダは、担当した3年間に年間売上高を7倍に拡大した。商品としてはオーディオ製品を担当し、欧州向けの新機種の開発などの企画に参画。営業担当者時代にウォークマンが発売され、欧州販売戦略を各国担当者と共に練り上げた。CD発売の全世界向け発表をイタリア、ミラノのスカラ座で行うにあたっては企画を担当した。同社顧問で日本を代表する同時通訳者の西山千氏の指名により、逐次通訳および同時通訳訓練の直接指導を受けた。社内の戦略会議では逐次通訳だけでなく同時通訳も度々担当した。

ページの先頭へ

趣味

子育ての合間に趣味の手芸にいそしむのが大好きでした。
アメリカで学んだトールペイント、パッチワークの作品を一部お見せします。デコパージュや編み物も好きですが、なかなか今は時間がありません。
平木ひろみ トールペイント作品01
平木ひろみ トールペイント作品02
トールペイント

トールペイント
 
平木ひろみ トールペイント作品03
平木ひろみ 刺繍作品01
トールペイント

刺繍
 
平木ひろみ パッチワーク作品01
平木ひろみ トールペイント作品04
パッチワーク

トールペイント
 
ページの先頭へ